コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和高分子 しょうわこうぶんし

2件 の用語解説(昭和高分子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和高分子
しょうわこうぶんし

昭和電工系の樹脂加工ビニルエステル樹脂の中堅企業。 1937年に理研琥珀工業として設立し,39年に理研合成樹脂と改称,69年に高分子化学工業吸収合併し,現社名となる。電子機器市場の好調に支えられ電子材料向けポリエステル樹脂が大きく売上げを伸ばしている。生分解プラスチックの開発により新分野の開拓を目指す。売上構成比は,ポリエステル 49%,エマルジョン 31%,フェノール樹脂 12%,加工製品8%。年間売上高 286億 2000万円 (うち輸出5%) ,資本金 109億 5000万円,従業員数 580名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

昭和高分子

正式社名「昭和高分子株式会社」。英文社名「SHOWA HIGHPOLYMER CO., LTD.」。化学工業。昭和12年(1937)「理研琥珀工業株式会社」設立。同14年(1939)「理研合成樹脂株式会社」に改称。同44年(1969)「高分子化学工業株式会社」と合併し「昭和高分子株式会社」に社名変更。本社は東京都港区芝大門昭和電工子会社の合成樹脂メーカー。接着剤・塗料の原料、携帯電話の基板、自動車部品などに使用される産業用合成樹脂の開発・製造を行う。平成22年(2010)親会社へ吸収合併。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone