コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

是心軒一奟 ぜしんけん いっちょう

1件 の用語解説(是心軒一奟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

是心軒一奟 ぜしんけん-いっちょう

1800-1866 江戸時代後期の華道家,医師。
寛政12年生まれ。京都にすみ,小野門跡の侍医となる。挿花をこのみ,華道を松月堂古流2代是心軒の門人聞蛙堂荻洲(ぶんあどう-てきしゅう)にまなび,是心軒4代をつぐ。法眼。慶応2年4月27日死去。67歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。姓は柏木。通称は了達。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

是心軒一奟の関連キーワードインド哲学木下逸雲英学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone