コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時価純資産方式 じかじゅんしさんほうしき

会計用語キーワード辞典の解説

時価純資産方式

純資産方式の1つで、決算上の貸借対照表に資産の時価評価・簿外負債の計上等必要な調整を行った後の純資産額により企業価値を評価し、これを発行済株式数で除して1株当たりの株価を算定する方法です。評価対象となる会社の固定資産有価証券等に含み損含み益がある場合には、通は簿価資産方式に代えて時価純資産方式を採用することになります。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android