簿外負債(読み)ぼがいふさい(英語表記)liabilities out of book; nonledger liabilities; off-the-book liabilities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

簿外負債
ぼがいふさい
liabilities out of book; nonledger liabilities; off-the-book liabilities

会計帳簿財務諸表上に計上されてはいないが,企業が負担すべき実際に存在する負債のこと。簿外負債は実在する負債を財務諸表に計上しないことによって,その部分について利益の過大計上という効果をもたらすことになる。負債の過少計上などの粉飾は,商法その他で厳重に規制している。これとは別に未払費用負債性引当金のなかで金額が微小なものの処理は,企業会計原則においても認められているが,これは企業会計の実践の立場から重要性の原則を適用し,会計処理の合理化をはかったものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android