コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晦巌道廓 まいがん どうかく

美術人名辞典の解説

晦巌道廓

江戸後期の僧。道廓は諱、別号に万休・卍休・清遠。伊予宇和島金剛山大隆寺に住した。仙 義梵に就いて教学を修め、清蔭音竺・淡海昌敬鉗鎚を受け、淡海の印証を得る。藤本鉄石伊達春山等と交流があった。著に『訓海宝海』『百雑砕』がある。明治5年(1872)寂、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

晦巌道廓 まいがん-どうかく

1798-1872 江戸後期-明治時代の僧。
寛政10年生まれ。臨済(りんざい)宗の淡海昌敬の法をつぐ。伊予(いよ)(愛媛県)大隆寺の住職となり,宇和島藩主伊達宗紀(むねただ)・宗城(むねなり)の帰依(きえ)をうける。藩主をたすけ,諸公卿(くぎょう),諸大名との間を往来した。明治5年8月23日死去。75歳。俗姓は田中。別号に万休。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

晦巌道廓の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android