コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普及福音教会 ふきゅうふくいんきょうかい

1件 の用語解説(普及福音教会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普及福音教会
ふきゅうふくいんきょうかい

1882年ドイツの自由派神学者たちによって設立された普及福音新教伝道会から派遣された W.シュピンナーが 85年来日し,彼から受洗した二十余名が 87年東京の本郷に設立した,日本で生れた教会である。彼らは新教神学校を建て伝道者を養成し,三並良,赤司繁太郎らを世に送った。また,月刊誌『真理』を発行し,文書伝道も行い,自由神学の中心として知識階級に歓迎された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

普及福音教会の関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone