コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普銀転換 ふぎんてんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普銀転換
ふぎんてんかん

普通銀行以外の金融機関が普通銀行に業態転換すること。特にこれまでの普銀転換は相互銀行が中心になっており,それは相銀の業態も金融の自由化・証券化などで同質化し,普銀と分離する理由に乏しくなってきたため,大蔵省の金融制度改革の一環として行なわれた。相銀 68行のうち 1990年2月に 52行が,同年4月に 10行,同年8月に3行が,同年 10月1行,91年8月1行,そして最後の1行は 92年4月伊予銀行に合併され,相銀はすべて普銀に転換した。これを受けて,全国相互銀行協会も 91年2月1日付けで「第二地方銀行協会」に名称が変わった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

普銀転換の関連キーワード中央信託銀行[株]

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android