コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普雨 ふう Po‐u

1件 の用語解説(普雨の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふう【普雨 Po‐u】

1515‐65
朝鮮,李朝の僧。号は虚応堂,懶菴。金剛山で経典研究と参禅に専心したが,1548年,摂政文定王后(明宗の母)の信任を受け,奉恩寺の住持として,奉恩寺に禅宗,奉先寺に教宗をおき,僧科を設置し,出家許可証である度牒の制を行うなど禅教両宗を復活させ,李朝仏教の中興時代を現出させた。しかし,李栗谷ら儒生の強硬な反対にあい,王后の没後,僧職を削られて済州島へ流配され,ここで杖殺された。著書に《虚応堂集》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普雨の関連キーワード古澗明誉李霆金正喜古礀明誉高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録朝鮮通信使虚応円耳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone