コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普雨 ふうPo‐u

1件 の用語解説(普雨の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふう【普雨 Po‐u】

1515‐65
朝鮮,李朝の僧。号は虚応堂,懶菴。金剛山で経典研究と参禅に専心したが,1548年,摂政文定王后(明宗の母)の信任を受け,奉恩寺の住持として,奉恩寺に禅宗,奉先寺に教宗をおき,僧科を設置し,出家許可証である度牒の制を行うなど禅教両宗を復活させ,李朝仏教の中興時代を現出させた。しかし,李栗谷ら儒生の強硬な反対にあい,王后の没後,僧職を削られて済州島へ流配され,ここで杖殺された。著書に《虚応堂集》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

普雨の関連キーワードコウジショヤウルジールイ[12世]バロア朝ノックスフランソワアルブケルケオラトリオサンチアゴ・デ・クーバ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone