コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智典 ちてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智典 ちてん

?-1863 江戸時代後期の僧。
浄土宗。江戸増上寺学頭から武蔵(むさし)川越(埼玉県)蓮馨(れんけい)寺,下総(しもうさ)飯沼弘経(ぐぎょう)寺(茨城県),鎌倉光明寺などの住職をつとめる。天保(てんぽう)15年増上寺をついだ。文久3年5月23日死去。号は憲蓮社章誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

智典の関連キーワード高分子物理学堀尾 貫務堀尾貫務野上運海浄土宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智典の関連情報