コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻原元甫 つじはら げんぽ

2件 の用語解説(辻原元甫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻原元甫 つじはら-げんぽ

1622-? 江戸時代前期の儒者,仮名草子作者。
元和(げんな)8年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定綱に藩儒としてつかえた。定綱没後は仮名草子の執筆,漢学の講義をしてすごす。のち山城(京都府)淀(よど)藩主石川憲之につかえ元禄(げんろく)4年辞任。京都出身。本姓は長岡。名は省。号は橘軒散人,沙木子。著作に「女四書」「智恵鑑」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つじはらげんぽ【辻原元甫】

江戸初期の儒者,仮名草子作者。生没年不詳。橘軒と号す。自著《智恵鑑》巻七の〈族譜〉によれば,伊勢国辻原の出身で,祖父吉政以来京都に住む。父は沙木軒,兄は儒医長岡意丹である。《女四書》(1656),《倭(やまと)小学》《見ぬ世の友》(以上1658),《智恵鑑》(1660)など,中国書を和訳した教訓的な仮名草子を著した。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の辻原元甫の言及

【智恵鑑】より

…仮名草子。辻原元甫作。1660年(万治3)刊。…

※「辻原元甫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

辻原元甫の関連キーワード財政投融資福山港安東省庵上田城コリャード信長記スピノラ千宗室立入宗継支倉常長

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone