コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明智 あけち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明智
あけち

岐阜県南東部,恵那市南西部の旧町域。矢作川の上流域,美濃三河高原のゆるやかな丘陵地にある。 1954年明知町と静波村が合体して明智町が成立。 1955年三濃村の一部と吉田村を編入。 2004年恵那市,岩村町,山岡町,串原村,上矢作町と合体して恵那市となった。旗本遠山氏の城下町として発展。明治期は養蚕業の中心地であったが,現在は丘陵南斜面の陶土に恵まれて耐火煉瓦,タイル,輸出用食器を産し,材木,寒天の集散地明智城址は千畳敷公園となっている。 1984年,大正期の家並みや建物を整備した日本大正村が開村した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あけち【明智】

姓氏の一。美濃国守護土岐氏の一族で、美濃国恵那郡明智荘にいたことに始まると伝える。

めいち【明智】

すぐれた知恵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明智
あけち

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧町名(明智町(ちょう))。現在は恵那市の南西部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行の明知(あけち)町が、1954年(昭和29)静波(しずなみ)村と合併して明智町と改称。翌1955年吉田村を編入。2004年(平成16)恵那市に合併。中心地は、矢作川の支流、明智川沿いに開け、明知鉄道、国道363号が通じる。江戸時代には旗本遠山氏の陣屋が置かれ、中馬(ちゅうま)街道の宿場として栄えた。いまは付近の商工業の中心地で、陶磁器、耐火れんがなどの生産がおもなもの。農業は稲作を中心に野菜栽培が盛ん。また、明智光秀(みつひで)にちなむ伝説地が各所にある。バスが瑞浪(みずなみ)市に通じ、瑞浪方面と関係が深い。[上島正徳]
『『明智町誌』(1960・明智町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明智の関連キーワード名探偵なんか怖くない栃木県日光市細尾町名探偵も楽じゃない岐阜県恵那市明智町明知鉄道線明知線名探偵が多すぎる明智セラミックス敵は本能寺にあり小栗栖の長兵衛快人黄色い手袋細川ガラシャあけにゃん波多野秀治山崎の戦い四方天兵衛逓信資料館本能寺の変明智左馬助覇王の番人織田信忠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明智の関連情報