コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曠野 あらの

世界大百科事典 第2版の解説

あらの【曠野】

俳諧撰集。山本荷兮(かけい)編。1689年(元禄2)刊。全3巻。《俳諧七部集》の第3集。西行の五百歳忌を記念して,その百首歌にならった部立(ぶだて)の下,発句735句と連句10巻を収める。編集の意図は,芭蕉序文によると,《冬の日》(1684∥貞享1),《春の日》(1686)の2集に欠けた〈実(まこと)〉の追求にあるというが,巻頭貞室の〈これはこれはとばかり花の芳野山〉の句を置いたり,貞門談林の句を数多く採用したりしていて,本集の〈実〉が古風にも共通する有心(うしん)の正風性であったことをうかがわせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

曠野の関連キーワードわがひとに与ふる哀歌曠野・阿羅野・昿野言い捨て・言捨て入り日影・入日影セラフィモビッチボンダルチュクブーベンノフショーロホフ小田島 孤舟加藤 雪腸太田 夬子堺 誠一郎小田島孤舟小山 寛二永島 直昭松本 昌夫何処と無く妹尾 松子チェーホフミッチャム

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曠野の関連情報