コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧七部集 はいかいしちぶしゅう

6件 の用語解説(俳諧七部集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俳諧七部集
はいかいしちぶしゅう

江戸時代中期の俳諧撰集。佐久間柳居編。 12冊。享保 17 (1732) 年頃成立。松尾芭蕉一代の撰集のうち代表的なもの7部,『冬の日』『春の日』『阿羅野』『ひさご』『猿蓑』『炭俵』『続猿蓑』を編集したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はいかいしちぶしゅう〔ハイカイシチブシフ〕【俳諧七部集】

俳諧撰集。7部12冊。佐久間柳居編。享保17年(1732)ころの成立。蕉門の代表的撰集「冬の日」「春の日」「曠野(あらの)」「ひさご」「猿蓑(さるみの)」「炭俵」「続猿蓑」を成立年代順にまとめたもの。芭蕉七部集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

俳諧七部集【はいかいしちぶしゅう】

蕉門俳諧を代表する7部の撰集。芭蕉七部集とも。〈冬の日〉〈春の日〉〈曠野(あらの)〉〈ひさご〉〈猿蓑(さるみの)〉〈炭俵〉〈続猿蓑〉の7部12冊。7部の選定には諸説があったが,現在の形は享保中ごろ佐久間柳居が定めた。
→関連項目幸田露伴芭蕉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいしちぶしゅう【俳諧七部集】

俳諧撰集。柳居編か。1732年(享保17)ごろ成立,刊か。芭蕉関係の俳諧撰集中,主要なものとして選ばれた7部,《冬の日》《春の日》《曠野》《ひさご》《猿蓑》《炭俵》《続猿蓑》から成る。去来,許六,支考ら芭蕉直門の間でも代表的な撰集として話題になっていたものを柳居が撰定したものと思われる。74年(安永3)に子周編の小本2冊本が刊行されて以後,広く流布した。【石川 八朗】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はいかいしちぶしゅう【俳諧七部集】

俳諧撰集。一二冊。佐久間柳居編。1732~33年頃成立。芭蕉の代表的撰集「冬の日」「春の日」「曠野あらの」「ひさご」「猿蓑さるみの」「炭俵」「続猿蓑」を集めたもの。蕉風の経典とあがめられ、幕末に至るまで刊行された。芭蕉七部集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俳諧七部集
はいかいしちぶしゅう

江戸中期の俳人佐久間柳居(りゅうきょ)(1695―1748)が蕉風(しょうふう)俳諧の発展過程を明らかにするため、芭蕉(ばしょう)関係の撰集(せんじゅう)より『冬の日』(一冊、1684)、『春の日』(一冊、1686)、『曠野(あらの)』(三冊、1689)、『ひさご』(一冊、1690)、『猿蓑(さるみの)』(二冊、1691)、『炭俵(すみだわら)』(二冊、1694)、『続猿蓑』(二冊、1698)の七部12冊を撰定し、刊行したもの。享保(きょうほう)(1716~36)末年にはすでに刊行されていたらしいが、本書が広く流布するのは1774年(安永3)子周(ししゅう)編の小本(こほん)二冊本の『俳諧七部集』の刊行からである。本書の流布により各地に芭蕉復興運動がおこり、いわゆる中興俳諧の興隆をみるに至ったのは注目すべきである。なお七部の撰定に関し、貞門(ていもん)・談林(だんりん)時代の作品を加えるべきだとか、不適当なものを他と差し替えるべきだとか等の異論も出、また変風の明らかな『冬の日』『猿蓑』『炭俵』の三部で十分とする意見も出され、芭蕉の研究が活発化した。本書は近世後期には、半紙本、小本、中本、横本などさまざまな書型で刊行され、広く一般に流行した。[雲英末雄]
『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俳諧七部集の関連キーワード凸巌養益仏仙犬子集五色墨私撰集竹馬狂吟集続明烏其雪影井伊直陽井上雲扇