俳諧七部集(読み)はいかいしちぶしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「俳諧七部集」の解説

俳諧七部集
はいかいしちぶしゅう

江戸中期の俳人佐久間柳居(りゅうきょ)(1695―1748)が蕉風(しょうふう)俳諧の発展過程を明らかにするため、芭蕉(ばしょう)関係の撰集(せんじゅう)より『冬の日』(一冊、1684)、『春の日』(一冊、1686)、『阿羅野(あらの)』(三冊、1689)、『ひさご』(一冊、1690)、『猿蓑(さるみの)』(二冊、1691)、『炭俵(すみだわら)』(二冊、1694)、『続猿蓑』(二冊、1698)の7部12冊を撰定し、刊行したもの。享保(きょうほう)(1716~1736)末年にはすでに刊行されていたらしいが、本書が広く流布するのは1774年(安永3)子周(ししゅう)編の小本(こほん)二冊本の『俳諧七部集』の刊行からである。本書の流布により各地に芭蕉復興運動がおこり、いわゆる中興俳諧の興隆をみるに至ったのは注目すべきである。なお7部の撰定に関し、貞門(ていもん)・談林(だんりん)時代の作品を加えるべきだとか、不適当なものを他と差し替えるべきだとか等の異論も出、また変風の明らかな『冬の日』『猿蓑』『炭俵』の3部で十分とする意見も出され、芭蕉の研究が活発化した。本書は近世後期には、半紙本、小本、中本、横本などさまざまな書型で刊行され、広く一般に流行した。

[雲英末雄]

『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「俳諧七部集」の解説

はいかいしちぶしゅう〔ハイカイシチブシフ〕【俳諧七部集】

俳諧撰集。7部12冊。佐久間柳居編。享保17年(1732)ころ成立蕉門の代表的撰集「冬の日」「春の日」「曠野(あらの)」「ひさご」「猿蓑(さるみの)」「炭俵」「続猿蓑」を成立年代順にまとめたもの。芭蕉七部集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「俳諧七部集」の解説

俳諧七部集【はいかいしちぶしゅう】

蕉門俳諧を代表する7部の撰集。芭蕉七部集とも。〈冬の日〉〈春の日〉〈曠野(あらの)〉〈ひさご〉〈猿蓑(さるみの)〉〈炭俵〉〈続猿蓑〉の7部12冊。7部の選定には諸説があったが,現在の形は享保中ごろ佐久間柳居が定めた。1774年ごろに刊行され,広く流布した。去来,許六,支考らの,芭蕉直門の間で高く評価されていた撰集が並ぶ。蕉風推移発展を知るうえに便。
→関連項目幸田露伴芭蕉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「俳諧七部集」の解説

はいかいしちぶしゅう ‥シチブシフ【俳諧七部集】

俳諧撰集。七部一二冊。佐久間柳居編。享保(一七一六‐三六)の中頃の成立。現存最古の板本は安永三年(一七七四)刊。蕉門の代表的句集「冬の日」「春の日」「曠野(あらの)」「ひさご」「猿蓑(さるみの)」「炭俵」「続猿蓑」を成立年代順にまとめたもの。ただし七部書のうち一、二をさし替える意見もあった。蕉風の変遷の展開のあとが示され、門流の俳諧修業の模範とされた。芭蕉七部集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「俳諧七部集」の解説

俳諧七部集
はいかいしちぶしゅう

江戸時代中期の俳諧撰集。佐久間柳居編。 12冊。享保 17 (1732) 年頃成立。松尾芭蕉一代の撰集のうち代表的なもの7部,『冬の日』『春の日』『阿羅野』『ひさご』『猿蓑』『炭俵』『続猿蓑』を編集したもの。蕉風の経典とされ,これにより蕉風俳諧の推移のをほぼうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「俳諧七部集」の解説

はいかいしちぶしゅう【俳諧七部集】

俳諧撰集。柳居編か。1732年(享保17)ごろ成立,刊か。芭蕉関係の俳諧撰集中,主要なものとして選ばれた7部,《冬の日》《春の日》《曠野》《ひさご》《猿蓑》《炭俵》《続猿蓑》から成る。去来,許六,支考ら芭蕉直門の間でも代表的な撰集として話題になっていたものを柳居が撰定したものと思われる。74年(安永3)に子周編の小本2冊本が刊行されて以後,広く流布した。【石川 八朗】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android