コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本荷兮 ヤマモトカケイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本荷兮 やまもと-かけい

1648-1716 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安元年生まれ。尾張(おわり)名古屋の医師。貞享(じょうきょう)元年松尾芭蕉(ばしょう)をむかえて歌仙を興行。「冬の日」「春の日」「阿羅野」を編集。のち昌達の号で連歌師となった。享保(きょうほう)元年8月25日死去。69歳。名は周知。別号に加慶,橿木堂(きょうぼくどう)。
【格言など】あたらしき茶袋ひとつ冬籠り(「春の日」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山本荷兮

没年:享保1.8.25(1716.10.10)
生年:慶安1(1648)
江戸前期の俳人。初号は加慶,別号は橿木堂など。名古屋の人で医を業としたという。芭蕉七部集の最初の3集である『冬の日』『春の日』『阿羅野』の編者として著名。初期尾張蕉門の最年長者で,一時は尾張蕉門のリーダーとして活躍した。しかし保守的な性格で,作為を凝らした古風な俳風に対する好みを捨て切れず,新風を追求する蕉風の展開には批判的な態度をとり,松尾芭蕉とも疎遠になった。晩年は連歌師に転じ法橋に叙せられた。<参考文献>大礒義雄「山本荷兮」(明治書院『俳句講座』2巻)

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまもとかけい【山本荷兮】

1648~1716) 江戸前・中期の俳人。名古屋の人。名は周知。医を業とす。芭蕉七部集中「冬の日」「春の日」「曠野あらの」を編んだが、「猿蓑」時代以降次第に芭蕉から遠ざかり、晩年は連歌に転じ、法橋に叙された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山本荷兮の言及

【荷兮】より

…江戸前期の俳人。姓は山本。通称は武右衛門。名は周知。初号は加慶。別号に橿木堂,撫贅庵がある。名古屋堀詰町のち桑名町住の医。句の初出は,1672年(寛文12)刊の椋梨一雪編《晴小袖》であるが,84年(貞享1)刊の《冬の日》の編集によって名を知られるに至った。その後,尾張蕉門の大立者としてふるまい,俳諧七部集第2の《春の日》,第3の《曠野(あらの)》を次々と編集し,名古屋は蕉門の一大拠点となった。しかし,絶えず新しみを求めて前進し続ける芭蕉に,荷兮を中心とする名古屋蕉門は,しだいに取り残された形となり,93年(元禄6)の荷兮編《曠野後集》では,序文に細川幽斎から西山宗因に至る古風の句をあげ,〈たゞいにしへをこそこひしたはるれ〉と述べて古風回帰を目指している。…

※「山本荷兮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山本荷兮の関連キーワード曠野・阿羅野・昿野高橋羽笠(2代)俳句(文学)越智越人蕉門十哲加藤重五傘下猿蓑荷兮曠野

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android