コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲球 クセダマ

デジタル大辞泉の解説

くせ‐だま【曲球】

《「癖球」とも書く》野球で、球速はないが打者の近くへ来て自然に変化する投球。打者が打ちづらく、どの球種にも属さない変化球のこと。
(比喩的に)表向きとは異なるねらいを持った発言、申し入れ、交渉などをいう。「首相の発言が曲球ではないかと憶測を呼ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

曲球の関連キーワードコーエン(Joel Coen)発言打者

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲球の関連情報