コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲直瀬玄淵 まなせ げんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直瀬玄淵 まなせ-げんえん

1636-1686 江戸時代前期の医師。
寛永13年3月10日生まれ。今大路(曲直瀬)親昌(ちかまさ)の子。幕府の医官。京都相国寺でまなぶ。慶安4年典薬頭(てんやくのかみ)。明暦3年剃髪(ていはつ)して道三を称した。貞享(じょうきょう)3年5月22日死去。51歳。江戸出身。名は親俊。字(あざな)は静然。号は延寿院。著作に「医学入門私考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曲直瀬玄淵の関連キーワード形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛熊沢蕃山日玉尼八橋検校ムスリム五王国ニュー・イングランド

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android