コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲直瀬玄淵 まなせ げんえん

1件 の用語解説(曲直瀬玄淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直瀬玄淵 まなせ-げんえん

1636-1686 江戸時代前期の医師。
寛永13年3月10日生まれ。今大路(曲直瀬)親昌(ちかまさ)の子。幕府の医官。京都相国寺でまなぶ。慶安4年典薬頭(てんやくのかみ)。明暦3年剃髪(ていはつ)して道三を称した。貞享(じょうきょう)3年5月22日死去。51歳。江戸出身。名は親俊。字(あざな)は静然。号は延寿院。著作に「医学入門私考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曲直瀬玄淵の関連キーワード小田原藩吉田半兵衛熊沢蕃山日玉尼八橋検校ムスリム五王国秋田県一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ中国の原木輸入量

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone