コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本箱 ホンバコ

3件 の用語解説(本箱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ばこ【本箱】

書物を入れておく、棚の付いた箱形の家具。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんばこ【本箱】

書物を入れておく箱のこと。西洋では本来,聖書などを入れる〈バイブルボックス〉のように単純な蓋付きの箱を意味したが,後には書物をのせる棚と扉を備えた戸棚の形式を意味するようになった。ブックケースという語は一般にガラスの入った扉付きの戸棚を指すので,棚だけを備えた書棚book shelfとは区別する。ヨーロッパでは16世紀末ころまでチェスト()に書物や貴重品などを納めていた。書物の出版が盛んになった17世紀には,上流階級の邸館内に書斎が設けられるようになり,装丁を施した高価な書物を収納するための戸棚が建物に造り付けになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんばこ【本箱】

本を並べておくための幾段かの棚がある箱形の家具。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本箱の関連情報