コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫檀 シタン

デジタル大辞泉の解説

し‐たん【紫×檀】

マメ科の常緑小高木。葉は卵形小葉3~5枚からなる羽状複葉。淡黄色の花を多数つける。材は周辺部が白、中心部が黒紅紫色で、木目(もくめ)が美しく堅いことから家具材として重用される。インド南部の原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したん【紫檀】

マメ科の常緑小高木。唐木の一。インド南部原産。高さ約10メートル。葉は羽状複葉。花は黄色の蝶形花。辺材は白色、心材は暗紫紅色で、質硬く、木目が美しいので、床柱や家具に用いる。熱帯各地に産する類似の材をも紫檀材と呼ぶことがある。朱檀しゆだん。ローズウッド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫檀 (シタン)

植物。マメ科の落葉高木。イヌエンジュの別称

紫檀 (シタン)

学名:Pterocarpus santalinus
植物。マメ科の常緑小高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫檀の関連キーワードジュエリア・ウッド杯盤狼藉・盃盤狼藉プーテンマリガ宮殿紫檀塗り・紫檀塗貝磨り・貝摺りトリバンドラムシタン(紫檀)江戸唐木細工武生唐木指物武生唐木工芸唐木(外材)那須唐木細工ローズウッド大阪三味線紫檀楼古木飾り太刀木内喜八杯盤狼藉堀田瑞松大坂弘道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫檀の関連情報