コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曼荼羅堂 マンダラドウ

デジタル大辞泉の解説

まんだら‐どう〔‐ダウ〕【曼荼羅堂】

当麻寺(たいまでら)の本堂の異称。当麻曼荼羅が安置されているのでこの名がある。単層寄せ棟造り本瓦葺きで、奈良末期に創建され、応保元年(1161)にほぼ現在の形となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まんだらどう【曼荼羅堂】

当麻寺たいまでら本堂のこと。桁行けたゆき七間、梁間六間、寄せ棟造り、本瓦葺き。奈良末期の創建。平安初期に改築され、1161年にほぼ現在の形に整う。内部に当麻曼荼羅をまつる。国宝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

曼荼羅堂の関連キーワード平正盛當麻寺練供養当麻寺淵信

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android