コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我士郎 そが しろう

2件 の用語解説(曾我士郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我士郎 そが-しろう

1840-1890 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)蒲原郡十二新田の大庄屋。桜田門外の変後,自費で講武所をもうけて武術,砲術をおしえる。戊辰(ぼしん)戦争のとき曾我簡堂,前田又之允らと正気(せいき)隊をつくり,新政府軍にくわわって東北各地でたたかった。明治23年7月死去。51歳。名は祐信。通称は長左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾我士郎

没年:明治23.7(1890)
生年:天保11(1840)
幕末維新期の豪農,勤王家,草莽隊正気隊長。名は祐信,通称長左衛門,変名は石川士郎。越後国蒲原郡十二新田(新潟県豊栄市)の代々大庄屋の家に生まれる。儒者坂井経堂に学び,その塾頭になる。万延1(1860)年の桜田門外の変後,私費で講武所を設けて剣,砲術の指導に当たる。明治1(1868)年,戊辰戦争のときに同門の曾我簡堂,前田又之允らと正気隊を組織し,北辰隊と共に,当初やむなく奥羽越列藩同盟に参加していた新発田藩を官軍方に導き,米沢や会津に転戦した。10月郷里に凱旋し,一時新潟県に奉職するが長続きせず,晩年は不遇に終わった。

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾我士郎の関連キーワード本寂上人横田順宣王家正気草莽NHK大河ドラマ小川弘小島省斎宮地正人吉富簡一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone