コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我常昌 そが つねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我常昌 そが-つねまさ

1835-1910 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)6年11月2日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)恵那郡付知(つけち)村の里正(村長)。田中大秀(おおひで)に歌道を,平田銕胤(かねたね)に国学,歌道をまなんだ。歌は「千代のみどり」「明治五百人一首」などにおさめられている。明治43年11月7日死去。76歳。通称は長四郎,助次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曾我常昌の関連キーワードラ=ファージバルザックポー(Edgar Allan Poe)新聞小説ラ・ファージケープ植民地ケープ(南アフリカ共和国)ブーア人プレトリアフランツ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android