曾爾[村](読み)そに

  • 曾爾

世界大百科事典 第2版の解説

奈良県東部,宇陀郡の村。人口2645(1995)。名張川支流の青蓮寺(しようれんじ)川上流域を占める。村域の大半は室生火山群の安山岩からなる山地で,青蓮寺川の渓谷下流香落渓(こおちだに)に対し奥香落渓といわれる景勝地をつくり,天然記念物の屛風岩,兜岩,鎧岩があって室生赤目青山国定公園に指定されている。青蓮寺川両岸の小盆地に帯状集落が広がり,中世には伊勢本街道の交通の要地として栄えた。林業が盛んで杉,ヒノキの良材を産し,みがき丸太の製造が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android