コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上広胖 もがみ こうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上広胖 もがみ-こうはん

1847-1930 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)4年10月9日生まれ。秋田県平鹿郡の地主。明治13年腐れ米追放のため資金融資をおこなう秋田改良社を設立,支配人となる。27年平鹿銀行と改称し,頭取。30年貴族院議員。昭和5年3月17日死去。84歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最上広胖の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎ベリンスキーリベリアエバハートキューカー島津保次郎

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone