コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松方正義 まつかた

9件 の用語解説(松方正義の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松方正義

政治家・公爵。鹿児島県生。幼名は金次郎、のち助左衛門、号は海東。維新の際、国事に尽し大久保利通に認められる。蔵相・総理大臣を歴任し、元老となる。また日本銀行を創設し、金本位制を実施して我国の財政を確立する。大正13年(1924)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつかた‐まさよし【松方正義】

[1835~1924]政治家。鹿児島の生まれ。正雄三郎の父。明治14年(1881)大蔵卿となり、紙幣整理などのデフレ政策を実施。蔵相・首相を歴任。日本銀行創設、金本位制度の実施など、財政制度の確立に寄与。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松方正義【まつかたまさよし】

明治の政治家,財政家。薩摩(さつま)鹿児島藩出身。明治政府では大久保利通の推挙で日田県知事となる。以後租税頭,大蔵大輔などに就き地租改正殖産興業政策を進めた。
→関連項目元老自由民権杉山茂丸頭山満松方幸次郎松方三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松方正義 まつかた-まさよし

1835-1924 明治-大正時代の政治家。
天保(てんぽう)6年2月25日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。パリ万国博の事務局副総裁となり,明治11年渡欧。14年以降大蔵卿,蔵相として紙幣整理,増税の松方財政を推進。また日本銀行を設立し,金本位制を実施。24年,29年の2度内閣を組織し,蔵相をかねた。日本赤十字社社長,枢密顧問官,内大臣を歴任。後年は元老として力をふるった。大正13年7月2日死去。90歳。号は海東,孤立。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松方正義

没年:大正13.7.2(1924)
生年:天保6.2.25(1835.3.23)
明治大正期の政治家,元老。はじめ金次郎,助左衛門。号は海来。薩摩(鹿児島)藩士松方正恭,袈裟子の4男として生まれたが,幼少の折,両親を失い赤貧に苦しむ。同藩勘定所出物問合方に出仕後,島津久光の側近になり,公武合体運動や討幕運動に関係する。明治1(1868)年5月,新設の日田県知事となり,間引の風習を矯正する一方,県下の富豪に拠金を要請し中央政府の財政に寄与。そして民部大丞を経て大蔵省権大丞になり,以後,租税権頭,租税頭,大蔵大輔,勧業頭 など財政関係の役職を続け,地租改正などに従事。この間に一時渡欧し,財政経済の知識を豊富にする。 大久保利通の死去にともない13年内務卿に就任。西南戦争(1877)を契機とするインフレーションの高進や財政難を克服するために,大蔵卿大隈重信が外債募集による財政整理を断行しようとすると,これに反対。明治14年の政変により大隈が失脚すると大蔵卿に任ぜられ,緊縮財政を強行し紙幣整理を進める一方,日本銀行の設立(1882),兌換銀行券の発行(1884)など財政,金融制度の確立に尽力した。こうした一連の政策を一般に「松方財政」と呼ぶ。しかし景気は急速に下降し,特に農民の被害が大きかった(松方デフレ)。18年の内閣制度の発足と同時に成立した伊藤博文内閣大蔵大臣として入閣したのち,6年以上蔵相を続け,24年には首相に就任し,蔵相を兼任した(第1次松方内閣)。日清戦争(1894~95)後,第2次伊藤内閣の蔵相になり,戦後経営プランを立案,実施しようとしたが意見が容れられず辞任する。29年再度首相になり(第2次松方内閣),翌年金本位制を実施した。明治,大正両天皇の信任が厚く,晩年は元老として政局に関与した。<参考文献>徳富猪一郎編『公爵松方正義伝』,『松方正義関係文書』1~13巻

(藤井信幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつかたまさよし【松方正義】

1835‐1924(天保6‐大正13)
薩摩出身の明治藩閥政治家の一人。2度組閣し,また長く大蔵大臣のポストにあって明治国家財政の確立に尽力して功があったが,政治指導者としての評価は必ずしも高くない。 薩摩藩士(初め郷士)松方正恭(まさやす)の四男。幼名金次郎,のち助左衛門。号は孤山(こざん),海東など。貧窮のうちに育ち,島津久光の近習番となり,大久保利通(当時,御側役)に認められた。幕末期,京坂間を往復して政局にかかわり,1865年(慶応1),御船(みふね)奉行添役(そえやく)として長崎に出張,数学と測量術の研究に力をそそいだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつかたまさよし【松方正義】

1835~1924) 政治家。薩摩藩の人。1881年(明治14)以降16年間大蔵卿・蔵相を務め、大規模な紙幣整理と軍拡のための増税を強行し(松方財政)、農民層の分解を促進して資本主義の基礎をつくった。日本銀行を創設。枢密顧問官・内大臣を歴任。首相を二度務める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松方正義
まつかたまさよし

[生]天保5(1834).2.25. 薩摩,鹿児島
[没]1924.7.2. 東京
明治期の政治家,財政家,薩摩藩士。薩摩藩士松方正恭の4男に生れた。幕末動乱期に寺田屋事件,征長戦,公武合体運動などに関係,倒幕工作にも加わった。藩軍艦掛り,日田 (ひた) 県知事を経て明治3 (1870) 年中央政界に入り大蔵省で地租改正にたずさわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松方正義
まつかたまさよし
(1835―1924)

明治・大正時代の政治家。天保(てんぽう)6年2月25日、鹿児島城下の下荒田(しもあらた)正建寺(せいけんじ)に薩摩(さつま)藩士松方正恭(まさやす)の子として生まれる。幼名を金次郎と称し、正作、三之丞(さんのじょう)、一郎、助左衛門と改名する。1852年(嘉永5)から7年間大番頭座書役(だいばんとうざしょやく)につき、1860年(万延1)大守島津忠義(しまづただよし)に随行して江戸出府を命ぜられる。この年末に同藩士川上左太夫(かわかみさだゆう)の長女満佐子(まさこ)と結婚。1862年(文久2)には島津久光(ひさみつ)に随行して京、江戸へ出向く。1866年(慶応2)には藩の軍艦掛につき、軍艦や小銃の購入など藩の軍備強化に奔走し、薩長同盟の促進にも尽力した。明治新政府の成立後は、九州鎮撫使(ちんぶし)参謀、長崎裁判所参謀、日田(ひた)県知事などを歴任したあと、1871年(明治4)に大蔵権大丞(ごんのたいじょう)や租税権頭(ごんのかみ)などに就任。その後、勧業頭や内務省勧農局長など勧業関係の役職を経て、1880年には内務卿(きょう)、翌1881年には参議兼大蔵卿に就任した。大隈重信(おおくましげのぶ)にかわって大蔵卿に就任した松方は、いわゆる松方財政を展開し、紙幣整理と軍拡を強行した。松方デフレともよばれたこの政策は、インフレを終息させることに成功したが、物価の急落を招き、多数の農民が土地を失い、地主制の成立を促進した。1885年の内閣制度発足と同時に大蔵大臣に就任し、その後1900年(明治33)まで第二次・第三次伊藤博文(いとうひろぶみ)内閣のときと、第一次大隈内閣のときの5年ほどを除いて、ほぼ一貫して大蔵大臣の地位にあった。この間1888年(明治21)には内務大臣兼務、1890年には貴族院議員となり、1891~1892年と、1896~1898年の2回にわたり総理大臣に就任するなど権勢を誇った。支配層内部に松方閥なるグループが形成され、政府・宮中などに強い影響力を有した。1898年には元勲に待遇され、1903年(明治36)には枢密院顧問官、1917年(大正6)には内大臣に就任し、閣外から明治の元勲として政治に影響力をもち続けた。大正13年7月2日病死。[春日 豊]
『徳富猪一郎著『公爵松方正義伝』全2巻(1935・同伝記発行所) ▽中村徳五郎編『侯爵松方正義卿実記』(藤村通監修『松方正義関係文書 1~5』所収・1979~1983・大東文化大学東洋研究所) ▽戸川猪佐武著『明治・大正の宰相3 松方正義と日清戦争の砲火』(1983・講談社) ▽室山義正著『松方正義――我に奇策あるに非ず、唯正直あるのみ』(2005・ミネルヴァ書房) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書4 松方正義』(2005・ゆまに書房) ▽藤村通著『松方正義――日本財政のパイオニア』(日経新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松方正義の関連キーワード秋山金次郎石川金次郎奥野市次郎香川悦次上総一篠原一鈴置倉次郎檜垣正義福田一古川勝次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松方正義の関連情報