コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最短降下線 さいたんこうかせんbrachistochrone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最短降下線
さいたんこうかせん
brachistochrone

最速降下線,最急降下線ともいう。変分法の発端となった問題の一つに,最短降下線の問題がある。これはヤコブヨハンのベルヌーイ兄弟が提起した (1696) もので,鉛直平面上の定点Oと他の1点Pに対し,これを結ぶ曲線 yf(x) を選び,これに沿って質点が定点Oから重力の作用だけで点Pまで落下するとき,これに要する時間を最小にせよ,という問題である。いま点Pの座標を (x1y1) とすると,落下時間 T は,
で与えられるから,この T を最小にする曲線 yf(x) を求める,という問題に帰着する。この解の曲線 yf(x) を最短降下線という。これはサイクロイドになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

最短降下線の関連キーワード最速降下線座標質点最小

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android