コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最終エネルギー消費 さいしゅうエネルギーしょうひ

1件 の用語解説(最終エネルギー消費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最終エネルギー消費
さいしゅうエネルギーしょうひ

原油,石炭,天然ガス,水力,原子力,風力,地熱など自然から直接得られる1次エネルギーに対し,製油所で精製されるガソリンなどの石油製品,発電所で発電される電気,都市ガス,製鉄用のコークスなど,1次エネルギーを使いやすく変換,加工したものを2次エネルギーと呼ぶ。そのままの形で直接消費される1次エネルギーと,2次エネルギーの消費とを合せて最終エネルギー消費という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最終エネルギー消費の関連情報