コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最長筋 さいちょうきんlongissimus muscle

1件 の用語解説(最長筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最長筋
さいちょうきん
longissimus muscle

脊柱起立筋の一つ。腸骨稜,仙椎,および腰椎の棘突起から起って上行し,腰椎や胸椎の横突起にいたる。このほか,胸椎と頸椎の横突起ないし関節突起から始って頸椎にいたるものも含まれる。これらの筋肉は,一側が働けば脊柱を横に曲げる働きをし,両側が同時に働けば脊柱をうしろにそらせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最長筋の関連情報