最高発行額制限制(読み)さいこうはっこうがくせいげんせい

百科事典マイペディアの解説

最高発行額制限制【さいこうはっこうがくせいげんせい】

発券制度の一種。政府が中央銀行に対し銀行券発行額の最高限度を指定する制度で,制限外発行を認めない最高発行額直接制限制と,政府の許可により一定の条件の下で制限外発行を認める最高発行額屈伸制限制とがある。日本では1941年以来,後者を採用。
→関連項目限外発行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android