コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の錯視 つきのさくしmoon illusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月の錯視
つきのさくし
moon illusion

月や太陽が中天にあるときよりも,水平線や地平線の近くにあるときのほうが大きく見える現象。現在では,それは物理現象ではなく,方向によって物の大きさが違って見える錯視現象の一種であると考えられている。 (→空間の異方性 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

月の錯視の関連キーワードI. ロック異方性錯覚