コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間の異方性 くうかんのいほうせいanisotropy of space

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空間の異方性
くうかんのいほうせい
anisotropy of space

心理学用語。空間内に置かれた事物の長さや大きさが,その位置や方向によって同一の物とは知覚されない現象をさす。われわれの知覚空間は,すべての方向について等質なユークリッド空間の特性をもっているというわけではなく,位置や方向に応じた非等質性 (ひずみ) ,すなわち異方性を示すことが少くない。視空間では,月の錯視や水平線分に対する垂直線分の過大視などの諸現象がその例としてあげられる。 (→幾何学的錯視 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

空間の異方性の関連キーワード空間知覚錯視

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android