コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間の異方性 くうかんのいほうせいanisotropy of space

1件 の用語解説(空間の異方性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空間の異方性
くうかんのいほうせい
anisotropy of space

心理学用語。空間内に置かれた事物の長さや大きさが,その位置や方向によって同一の物とは知覚されない現象をさす。われわれの知覚空間は,すべての方向について等質なユークリッド空間の特性をもっているというわけではなく,位置や方向に応じた非等質性 (ひずみ) ,すなわち異方性を示すことが少くない。視空間では,月の錯視や水平線分に対する垂直線分の過大視などの諸現象がその例としてあげられる。 (→幾何学的錯視 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone