月天子(読み)がってんし

精選版 日本国語大辞典「月天子」の解説

がっ‐てんし グヮッ‥【月天子】

(「がってんじ」とも) 仏語。インド神話(Candra また Soma)を神格化したもの。仏教に取り入れられ、漢訳経典では月天子と訳される。密教では単に月天といい、仏法守護の十二天の一つとされる。その宮殿を月宮殿という。月宮天子(がっぐてんし)月光天子(がっこうてんし)月神(がちじんてん)。月神(がちじん)。転じて、月。
※百座法談(1110)六月一九日「われらは日天子月天子とこそならざらめ。星宿として又其の利益をあたへむとちかひ給へる也」 〔起世本因経‐一〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月天子」の解説

がっ‐てんし〔グワツ‐〕【月天子】

月を神格化したインド神話の神。のち仏教にとりいれられた。月宮殿に住し、密教では月天とよばれ、仏法守護の十二天の一。月宮天子がっくうてんし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android