コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月宮殿 ゲッキュウデン

大辞林 第三版の解説

がっくうでん【月宮殿】

げっきゅうでん【月宮殿】

〔「がっくうでん」 「がっくでん」とも〕
古代インドの須弥山しゆみせん説で、月の中にあるという月天子の宮殿。清浄で美しく月天子が夫人とともに住み、月世界を治めているという。月宮。月の都。月の宮。
皇居の宮殿。
江戸時代、吉原の遊里のこと。特に、8月十五夜、9月十三夜の紋日の吉原をいう。 「かけ声で-へのつつける/柳多留 9

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

月宮殿 (ゲッキュウデン)

学名:Mamillopsis senilis
植物。サボテン科の園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

月宮殿の関連キーワード曽呂利 新左衛門(2代目)白衣黒衣の天人源五郎の天昇り能現行曲一覧大谷 忠一郎鶴亀(能)ビレンドラ落語の演題七釜鍾乳洞霓裳羽衣月の都柳多留月天子広寒宮須弥山きゅう謡曲脇能月宮落語

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月宮殿の関連情報