十二天(読み)じゅうにてん

  • じゅうにてん ジフニ‥
  • じゅうにてん〔ジフニ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教を守護する 12の天尊。八方方位と天・地を守護する神,ならびに日・月の2天を加えたもので,インド神話の神々が取入れられている。梵天地天,日天,月天,帝釈天焔摩 (えんま) 天,水天 (→バルナ ) ,毘沙門天,火天,羅刹天風天伊舎那天 (あるいは大自在天 ) の 12神。このうち帝釈天以下は,東から北への八方に入るとされ,八方天とも呼ばれる。日本での遺品として奈良西大寺の仏画 (平安時代初期) ,教王護国寺宅磨勝賀筆『十二天像』の屏風 (鎌倉時代初期) が著名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

仏教を守護する12の天尊。四方四維の八天、上・下の二天、日・月の二天のこと。帝釈天(たいしゃくてん)(東)・火天南東)・閻魔天(えんまてん)(南)・羅刹天(らせつてん)南西)・水天(西)・風天北西)・毘沙門天(びしゃもんてん)(北)・伊舎那天(いしゃなてん)北東)、梵天(ぼんてん)(上)・地天(下)、日天(日)・月天(月)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

仏教で、上下、日月、四方、四維を守る天衆。▽梵天(上)、地天(下)、日天(日)、月天(月)、帝釈天(たいしゃくてん。東)、焔摩天(えんまてん。南)、水天(西)、毘沙門天(北)、火天(東南)、羅刹天(らせつてん。西南)、風天(西北)、伊舎那天(いしゃなてん。東北)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

天部に含まれるすべての天,竜王,諸神,薬叉(夜叉),冥官,星宿などのそれぞれを代表する天部十二尊の総称。12の天部は四方(東西南北)と四維(南東,南西,北西,北東)の8方と上方下方の10方位に配置される十尊と日天(につてん),月天(がつてん)である。すなわち,帝釈天(たいしやくてん)(東),火天(かてん)(南東),閻魔天(えんまてん)(南),羅刹天(らせつてん)(南西),水天(すいてん)(西,バルナ),風天(ふうてん)(北西),毘沙門天びしやもんてん)(北),伊舎那天(いしやなてん)(北東),梵天(ぼんてん)(上),地天(ちてん)(下),日天,月天となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界を守護する12種の天神。八方天と上下の天と日月とからなる。(1)東方の帝釈天(たいしゃくてん)(インドラIndra)、(2)南方の焔魔天(えんまてん)(ヤマYama)、(3)西方の水天(バルナVaruna)、(4)北方の毘沙門天(びしゃもんてん)(バイシュラバナVaiśravaa、クベーラKuvera)、(5)東南方の火天(アグニAgni)、(6)西南方の羅刹天(らせつてん)(ラークシャサRāksasa)、(7)西北方の風天(バーユVāyu)、(8)東北方の伊舎那天(いしゃなてん)(イーシャーナĪśāna)、(9)上方の梵天(ぼんてん)(ブラフマーBrahmā)、(10)下方の地天(ちてん)(プリティビーPthivī)、(11)日天(にってん)(スーリヤSūrya)、(12)月天(がってん)(チャンドラCandra)をいう。密教ではこれらの神を壇の上に配し、護摩(ごま)をたいて供養し、加護を祈る。これを十二天法(十二天供(てんく))という。京都・東寺と奈良・西大寺の画像は有名。

[定方 晟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。一切の天龍・鬼神・星宿・冥官を統(す)べて世を護る一二の神。四方・四維の八天に、上下の二天および日・月の二天を加えたもの。東に帝釈天、東南に火天、南に閻魔天、西南に羅刹天、西に水天、西北に風天、北に多聞天(毘沙門天)、東北に大自在天、上に梵天、下に地天、および日天、月天の総称。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android