コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月山日和城 がっさんひわじょう

日本の城がわかる事典の解説

がっさんひわじょう【月山日和城】

宮崎県都城市高城町にあった城で、日向三高城の一つ。伊東氏と島津氏がこの地方の拠点として争奪戦を繰り広げた。城の縄張りは池の城・内の城・中の城・本城・真城・樽原・取添の曲輪(くるわ)があり、麓(ふもと)に城主居館が設けられていた。遺構は、真城の周囲に低いが土塁跡が残り、真城と本城の間の通路には空堀の跡がある。城は元弘年間(1331~34年)に肝属兼重(きもつきかねしげ)によって築かれた。兼重は、この城に南朝方から受けた錦の御旗をひるがえし、北朝方の畠山軍と戦ったが、1339年(延元4)に落城し、高山へ退いた。その後、日向守護職の畠山直顕(ただあき)が城主となったが、和田氏、島津氏と城主を変えた。1495年(明応4)、伊東氏と飫肥(おび)・三俣を交換し、伊東氏が領したが、都城の北郷忠相(ほんごうただすけ)が伊東氏を追い払い居城した。戦国時代終わりには伊集院氏が領有し、庄内の乱で激戦が繰り広げられたが、この乱後はまた北郷氏のものとなり、1615年(元和1)、一国一城令により廃城となった。JR日豊本線都城駅からバスで高城上町下車。宮崎道都城ICから国道10号線経由県道47号線約5km。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android