コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山直顕 はたけやまただあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山直顕
はたけやまただあき

南北朝時代の武将。宗義の子。直滋ともいう。延元1=建武3 (1336) 年九州に下った足利尊氏のもとで,九州各地の後醍醐党と戦って勝ち,日向守護に任じられ,足利一門として,島津牽制の任にあった。正平4=貞和5 (49) 年足利直冬に応じ,直冬が九州で勢いを失うとまた幕府側となって,南九州土豪の根強い反島津勢力を背景に,一時は大隅から島津勢力を駆逐する勢いを示した。正平 14=延文4 (59) 年菊池氏に敗れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山直顕 はたけやま-ただあき

?-? 南北朝時代の武将。
畠山宗義の子。足利尊氏に属し,国大将として日向(ひゅうが)(宮崎県),大隅(おおすみ)(鹿児島県)に派遣される。貞和(じょうわ)元=興国6年(1345)日向守護となる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直冬(ただふゆ)とむすんで,日向,大隅に一大勢力圏をつくったが,のち尊氏に守護職を解任された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山直顕

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。宗義の4男。初名義顕。七郎。修理亮。鎌倉中期に美濃(岐阜県)仲北荘地頭となった義生の曾孫で,建武3/延元1(1336)年3月足利尊氏が博多を占拠した際,日向(宮崎県),大隅(鹿児島県)の国大将として南九州に派遣された。この地には尊氏の直轄領が多く,彼の派遣は南軍追討とともに足利領確保という意味もあった。日隅両国を維持し,貞和1/興国6(1345)年日向守護となったが,観応1/正平5(1350)年8月には禰寝氏らの支持で(足利)直冬党となり島津・大友両氏と争った。直冬党の衰勢とともに力を失い,応安5/文中1(1372)年5月に九州探題今川了俊へ忠誠を誓ったのを期に消息を絶つ。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の畠山直顕の言及

【日向国】より

…楡井頼仲は鹿児島県志布志大慈寺の開創者で日向,大隅にかけて奮戦したが,敗れて57年(正平12∥延文2)同寺で自殺した。
[南北朝の動乱]
 足利尊氏は日向,大隅の南朝方勢力制圧のため,畠山直顕を派遣した。しかし50年(正平5∥観応1)ごろ武家方が将軍方と足利直冬方とに分裂し,直顕は後者に属し,前者に属した島津貞久・氏久父子と抗争した。…

※「畠山直顕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畠山直顕の関連キーワード月山日和城土持宣栄肝付兼重島津貞久穆佐城跡島津氏久島津氏穆佐城新納氏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android