コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼重

2件 の用語解説(兼重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

兼重

鹿児島県、濱田酒造が製造する焼酎の商品名。長期甕壷貯蔵が特徴で、麦焼酎、芋焼酎がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かねしげ【兼重】

鹿児島の芋焼酎。白麹を使用し、昔ながらの木桶蒸留器で蒸留する。仕込み、貯蔵とも甕壺で行う。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数25%。麦焼酎、米焼酎もある。蔵元の「濱田酒造」は明治元年(1868)創業。所在地はいちき串木野市湊町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兼重の言及

【虎徹】より

…もともと越前国福井の甲冑師であったが,明暦(1655‐58)の初め,50歳を過ぎてから江戸に出て刀工に転じており,〈延宝五年(1677)二月吉祥日〉紀の作をもって終わっている。その師については古来諸説あるが,今日では和泉守兼重とするのが定説である。作風は年代によって多少変化するが,精美な地鉄,数珠刃(じゆずば)と称される頭の丸い互(ぐ)の目が連れた刃文に真価があらわれており,興正,興久,興直らの門人,また法城寺一派,3代下坂康継など,以後の江戸の刀工に強い影響を与えた。…

※「兼重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兼重の関連キーワード万暦吉助田倉福金山村尾黒甕げんもんこいじゃが甑州露牡丹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼重の関連情報