コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄内 しょうない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庄内
しょうない

福岡県中部,飯塚市南東部の旧町域。遠賀川支流の庄内川上・中流域に位置する。 1958年町制施行。 2006年飯塚市,筑穂町,穂波町,頴田町と合体して飯塚市となる。明治中期に炭鉱が開かれてから急激に発展,人口も一時は2万をこえた。石炭産業の不況で 1962年までに大小の全炭鉱が閉山,農業も鉱害により不振に陥った。産炭地域振興事業により有安工業団地,庄内工業団地が造成された。自然に恵まれ,レクリエーションセンター,勤労者福祉施設などがある。

庄内
しょうない

大分県中部,由布市中部の旧町域。大分川の中流域で,別府市の南西部に接する。 1954年阿南村,東庄内村,西庄内村,南庄内村,阿蘇野村の5村が合体して,1955年町制。 2005年挾間町,湯布院町と合体して由布市となる。大部分が山林原野で,北の雨乞岳 (1074m) ,城ヶ岳 (1168m) ,西の花牟礼山 (1173m) など標高 1000m前後の山地に囲まれている。中央を流れる大分川沿いと,その支流阿蘇野川沿いに沖積低地が開け,用水路が発達。肥沃で水利のよい土地をいかした農業が盛ん。なかでもナシは明治後期から栽培された。阿蘇野川上流に白水鉱泉がある。

庄内
しょうない

大阪府豊中市南部の地区。旧町名。 1955年に豊中市に編入。神崎川流域に位置し,かつては大阪の近郊農業地帯であったが昭和に入って工業地化し,特に産業道路 (国道 176号線) の開設により,電気機器,金属,化学などの工場が進出。第2次世界大戦後は密集した住宅地を形成。北西部には名神高速道路の豊中インターチェンジがあり,阪神高速道路空港線と直交する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうない〔シヤウナイ〕【庄内】

山形県北西部の地域名。庄内平野を中心とし、酒田・鶴岡両市がある。最上川が流れ、米の産地として知られる。名は、中世に大泉氏の所領を大泉荘内といったことによる。
山形県北西部、東田川郡の地名。庄内の中部にあり、余目(あまるめ)駅で羽越本線陸羽西線が接続する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうない【庄内】

山形県北西部の地域名。中心都市は酒田市・鶴岡市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕庄内(しょうない)


山形県北西部の地方名。出羽(でわ)山地以西の庄内平野を中心とする地域。最上(もがみ)・置賜(おきたま)・村山(むらやま)の3地方とともに県内を4分する呼称。近世の田川(たがわ)郡・飽海(あくみ)郡の地で、現在は鶴岡(つるおか)市・酒田(さかた)市と飽海郡遊佐(ゆざ)町・東田川(ひがしたがわ)郡庄内町・東田川郡三川(みかわ)町からなる。ササニシキを主とする庄内米の水田単作地帯。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

庄内の関連キーワード山形県東田川郡庄内町古関番外地居住山形県東田川郡庄内町西小野方山形県東田川郡庄内町余目新田山形県東田川郡庄内町主殿新田山形県東田川郡庄内町前田野目山形県東田川郡庄内町小出新田山形県東田川郡庄内町本小野方山形県東田川郡庄内町赤渕新田山形県東田川郡庄内町南野新田山形県東田川郡庄内町千河原山形県東田川郡庄内町提興屋山形県東田川郡庄内町堤新田山形県東田川郡庄内町廿六木山形県東田川郡庄内町境興屋山形県東田川郡庄内町高田麦山形県東田川郡庄内町茗荷瀬山形県東田川郡庄内町南興屋山形県東田川郡庄内町沢新田山形県東田川郡庄内町千本杉山形県東田川郡庄内町宮曽根

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄内の関連情報