コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月形漪嵐 つきがた きらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月形漪嵐 つきがた-きらん

1798-1862 江戸時代後期の儒者。
寛政10年3月3日生まれ。月形鷦窠(しょうか)の子。筑前(ちくぜん)福岡藩士。江戸で古賀精里にまなぶ。藩校修猷(しゅうゆう)館の指南加勢,赤間駅茶屋奉行をつとめた。尊攘(そんじょう)をとなえ,息子の洗蔵らと藩論をかえようとしたため,蟄居(ちっきょ)を命じられた。文久2年4月5日死去。65歳。名は弘。字(あざな)は伯重。通称は三太郎,駒太郎,深蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月形漪嵐の関連キーワード月形洗蔵儒者月形

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android