コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月形鷦窠 つきがた しょうか

1件 の用語解説(月形鷦窠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月形鷦窠 つきがた-しょうか

1757-1843* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。月形漪嵐(きらん),健助の父。筑前(ちくぜん)福岡藩士。真藤峨眉(がび),竹田梅廬(ばいろ)に師事し,藩校東学問所の指南加勢となる。寛政7年京都にいき西依(にしより)成斎らにまなぶ。奥頭取,侍講などをつとめた。天保(てんぽう)13年12月6日死去。86歳。名は質(すなお)。字(あざな)は君璞。通称は市平,七助。著作に「山園雑興」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

月形鷦窠の関連キーワード秋山遜加藤直常三鍼清水直次雪仙斎尚徳樗雲林祐元宮田五渓屋代通賢渡辺子観

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone