コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月花余情 げっかよじょう

世界大百科事典 第2版の解説

げっかよじょう【月花余情】

洒落本。1冊。献笑閣主人作。1746年(延享3)刊。初めに漢文体戯文〈江南妓邑記〉で大坂島之内の遊里の情景を叙述し,ついで〈燕喜篇〉に遊客花情が茶屋に来,なじみの遊女を招いて遊ぶ座敷のさまを,会話文体を主として描き,繊細な感情をも写しとっている。知識人のなぐさみに発した洒落本に,表現方法として俗にくだけた会話文体が定着しようとする様相を示す作品として,史的意義も大きい。【水野 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月花余情の関連キーワード御覧じるましゃるなんす茶茶これ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android