コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月花余情 げっかよじょう

1件 の用語解説(月花余情の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げっかよじょう【月花余情】

洒落本。1冊。献笑閣主人作。1746年(延享3)刊。初めに漢文体戯文〈江南妓邑記〉で大坂島之内の遊里の情景を叙述し,ついで〈燕喜篇〉に遊客花情が茶屋に来,なじみの遊女を招いて遊ぶ座敷のさまを,会話文体を主として描き,繊細な感情をも写しとっている。知識人のなぐさみに発した洒落本に,表現方法として俗にくだけた会話文体が定着しようとする様相を示す作品として,史的意義も大きい。【水野 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月花余情の関連キーワード傾城買四十八手洒落本辰巳之園異素六帖契情買虎之巻大抵御覧錦之裏献笑閣主人塩屋艶二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone