有し(読み)ありし

精選版 日本国語大辞典「有し」の解説

あり‐し【有し】

連語〙 (ラ変動詞「あり(有)」の連用形に過去の助動詞「き」の連体形「し」が付いて連体詞のように用いられるもの)
① (「以前あった」の意で) 以前の。昔の。かつての。また、前に述べた、あの。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ありし童いで来て例のいも、ところ、焼き調じて」
※源氏(1001‐14頃)総角「ありしさまなど、かひなきことなれど、この宮にこそは聞こえめ」
② (特に、「かつて世にあって今はいない」というところから) なくなった。生前の。
今昔(1120頃か)一三「父の夢に、有りし女子(にょし)〈略〉心に思ひ歎きたる気色にて有る程に〈略〉と見て」
※読本・雨月物語(1776)浅が宿「怪しき鬼(もの)の化(け)してありし形を見せつるにてぞあるべき」
③ (準体言として、「以前あった時、事」の意) 以前の状態。昔の時。
伊勢物語(10C前)四〇「出でていなば誰か別れの難からんありしにまさる今日はかなしも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android