コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有り有りし/在り在りし アリアリシ

デジタル大辞泉の解説

ありあり・し【有り有りし/在り在りし】

[形シク]
事実そのままらしい。ありのままである。
「心深く大人のやうにおはすれば、―・しうは世にのたまはじ」〈宇津保・楼上下〉
当然あるべきさまである。望ましいさまだ。
「―・シイ体(てい)デゴザル」〈日葡
いかにも本当らしい。
「―・しく言へば、若気ゆゑまことと思ひ」〈信長公記・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android