コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有吉道夫(読み)ありよし みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有吉道夫 ありよし-みちお

1935- 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和10年7月27日生まれ。昭和26年大山康晴に入門。30年4段。47年棋聖を獲得。54年9段。早指し選手権,NHK杯でも優勝,A級は通算20年。闘志満々の将棋で「火の玉流」とよばれた。日本将棋連盟関西本部長として,大山康晴連盟会長をささえた。平成22年74歳で現役引退。通算成績は1088勝1002敗。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有吉道夫の関連情報