コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有峰湖 アリミネコ

デジタル大辞泉プラスの解説

有峰湖

富山県富山市の常願寺川水系和田川にある有峰ダムのダム湖。周辺にはブナやミズナラ原生林が広がり、宿泊施設やビジターセンター、遊歩道などが整う。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕有峰湖(ありみねこ)


富山県南東部、常願寺(じょうがんじ)川の支流和田(わだ)川上流部の有峰ダムによってできた人造湖。有峰ダムは、1959年(昭和34)完成の、北陸電力の発電用ダムで、重力式コンクリートダム(堤高140m、堤長500m、面積5.1km2、総貯水容量2億2200m3)。有峰県立自然公園に指定され、青少年の家付属キャンプ場がある。和田川沿いに有峰林道が通じ、湖畔(こはん)一周道路が整備。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有峰湖の言及

【常願寺川】より

… 一方,急流であることから電源開発もすすんでおり,常願寺川水系には8ダム,27発電所が設けられ,最大出力の総計は81万2500kW(1997)に及ぶ。とくに支流和田川上流の開発は大規模で,37年富山県電気局が着手,第2次世界大戦による中断ののち55年北陸電力が再開し,59年堤高140mの有峰(ありみね)ダムが完成,堪水面積5km2の有峰湖が生まれた。常願寺川の雪どけ水は下流扇状地の農業用水源として重要であるが,かつては両岸につくられた小用水は出水ごとに決壊し,また渇水に悩まされる状況を繰り返した。…

※「有峰湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有峰湖の関連キーワード富山県富山市有峰有峰県立自然公園大山(富山県)富山県富山市大山[町]北陸電力大山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android