コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常願寺川 じょうがんじがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常願寺川
じょうがんじがわ

富山県北東部を流れ富山湾に注ぐ川。全長約 56km。上流は立山に発する称名川で,薬師岳に発する真 (ま) 川を千寿ヶ原で合せ常願寺川となる。大山町上滝付近からは数段の段丘面をもつ広い扇状地を形成している。源流部が立山のため土砂の流出が激しく,扇状地面では天井川を形成し,しばしば水害を引起した。水系には有峰ダムをはじめ 45ヵ所の発電所があり総発電力約 80万 kW。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうがんじ‐がわ〔ジヤウグワンジがは〕【常願寺川】

富山県中央東部を流れ富山湾に注ぐ川。長さ56キロ。中新川(なかにいかわ)郡立山町千寿(せんじゅ)ヶ原で真(ま)川と称名(しょうみょう)川が合流した地点からの名称。真川は立山連峰薬師岳西斜面に源を発し、称名川は雄(お)山(標高3003メートル)に源を発する。下流で和田川と小口(おぐち)川を合流する。上流から中流は段丘が発達、下流は扇状地となっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

常願寺川【じょうがんじがわ】

富山県中部の川。長さ56km。立山カルデラ内の湯川を源流とし,真川,称名(しょうみょう)川,和田川などを合わせ,富山市上滝で大きな扇状地を形成,富山平野を北流して富山湾に注ぐ。
→関連項目大山[町]立山[町]天井川富山[県]富山平野

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがんじがわ【常願寺川】

富山県南東部,立山連峰に源を発し,富山平野東部を流れ,富山湾に注ぐ川。上新川郡と中新川郡の境界をなす。幹川流路延長56km,全流域面積368km2。源流は二つに分かれ,一つは岐阜県境の寺地山に発する真(ま)川で,立山カルデラ内を流れてきた湯川と合流して常願寺川となる。立山西斜面に源を発して西流するもう一つの源流称名(しようみよう)川は,途中壮大な称名滝をつくり,千寿ヶ原で合流する。上流部には段丘が,下流部には富山平野東部を占める大扇状地が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうがんじがわ【常願寺川】

立山連峰南部を水源とし、富山平野東部を北流して富山湾に注ぐ川。大山を扇頂とする大扇状地を形成。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕常願寺川(じょうがんじがわ)


富山県中央部を流れる川。1級河川(常願寺川水系)。延長56km。流域面積368km2。立山(たてやま)連峰南西部に源を発し、北流して称名(しょうみょう)川を合わせ、富山平野南東端に広大な扇状地を形成、北流して富山湾に注ぐ。源流部は真()川とも。急流で土砂の流出が激しく、砂防ダムが多い。電源地帯をなし、支流の和田(わだ)川に大規模な有峰(ありみね)ダム(有峰湖)がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常願寺川
じょうがんじがわ

富山県中央東寄りを流れて富山湾に注ぐ川。一級河川。延長56キロメートル、流域面積368平方キロメートル。上流は真(ま)川と称名(しょうみょう)川の二つに分かれる。本流の真川は立山(たてやま)連峰の薬師岳(やくしだけ)西斜面に発し、途中立山カルデラから流れ出る湯川と合流する。称名川は立山の雄山(おやま)直下では浄土沢とよばれ、称名滝となって落下し、立山町千寿ヶ原(せんじゅがはら)で真川と合流して常願寺川となる。下流で和田川と小口(おぐち)川をあわせて両岸に段丘を形成し、富山市上滝(かみたき)で典型的な扇状地を形成する。1858年(安政5)の大地震で大鳶(おおとんび)山のカルデラ壁が大崩壊し、上流の谷壁の崩壊もあり、融雪期には下流一帯は泥水の海と化した。大雨ごとに砂礫(されき)の流出が激しく、1906年(明治39)以来カルデラ内部の砂防工事が続けられている。常願寺川下流では毎年100万トン近い土砂の流出があり、河床が高くなり、富山市と立山町を結ぶ大日(だいにち)橋付近では水田面より約8メートルも高い天井(てんじょう)川となっている。常願寺川水系のダムは有峰(ありみね)ダムなど8か所、発電所は27か所、最大出力は、約80万キロワット(2005)に達する。[深井三郎]
『『常願寺川沿革誌』(1962・建設省北陸地方建設局富山工事事務所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

常願寺川の関連情報