有栖川宮妃広子(読み)ありすがわのみやひ ひろこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有栖川宮妃広子 ありすがわのみやひ-ひろこ

1819-1875 幕末-明治時代,有栖川宮幟仁(たかひと)親王の妃。
文政2年11月10日生まれ。二条斉信(なりのぶ)の5女。母は徳川治紀(はるとし)の娘。嘉永(かえい)元年幟仁親王と結婚した。明治8年7月9日死去。57歳。幼名は岸君。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる