コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機強磁性体 ユウキキョウジセイタイ

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐きょうじせいたい〔イウキキヤウジセイタイ〕【有機強磁性体】

強磁性を示す有機化合物。平成3年(1991)に木下實、阿波賀邦夫により、世界で初めて有機分子のみで構成された物質で強磁性が確認された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

有機強磁性体の関連キーワード木下実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android