コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不対電子 ふついでんしunpaired electron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不対電子
ふついでんし
unpaired electron

原子,原子団または分子において,2つの電子のスピンが反平行で磁気双極子モーメント (磁気モーメント ) も打消し合っているものを対電子といい,スピンを打消す相手をもたない電子を不対電子という。不対電子をもつ原子,原子団または分子の多くは化学的に活性に富み,またこれらを含む物質は常磁性または強磁性を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふついでんし【不対電子 unpaired electron】

原子・分子の各電子軌道は,スピンが互いに逆向きな2個の電子を収容できる。原子・分子の電子軌道の中で,電子を1個しか収容していない軌道があるとき,その軌道が不対電子をもつという。不対電子をもつ原子・分子は,不対電子に由来する磁気モーメントをもつ。価電子軌道に不対電子をもつ分子(ラジカル)は一般に,きわめて不安定である。【黒田 晴雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふついでんし【不対電子】

通常二個が対となって原子核のまわりの軌道上に存在する電子の、一方が失われて軌道に一つだけとなった状態。非常に不安定であるため、この状態の遊離基は化学反応性に富み、他原子あるいは他分子と容易に反応する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不対電子の関連キーワードジフェニルピクリルヒドラジルフェリシアン化カリウムフェロシアン化カリウム転位(有機化学反応)ダングリングボンド光合成阻害型除草剤常磁性共鳴吸収電子スピン共鳴電荷移動錯体ヒドロキシ基三重項状態三重項酸素表面再構成二重共鳴老化理論超酸化物原子核ESRヒ化物状態

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android