有涯(読み)ウガイ

デジタル大辞泉の解説

う‐がい【有涯】

《「有界(うかい)」から》限りある存在。果てのあるもの。この世。人の一生についてもいう。
「無常は春の花、風に随って散りやすく、―は秋の月、雲に伴って隠れやすし」〈平家・灌頂〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐がい【有涯】

※本朝文粋(1060頃)一四・朱雀院周忌御願文〈大江朝綱〉「娑婆電泡之国。誰免無常之悲。分段生死之郷、難有涯之尅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android