コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有賀長収 ありが(あるが) ちょうしゅう

美術人名辞典の解説

有賀長収

江戸中期の歌人。大坂生。長伯の孫、長因の子。初名は長因、号は居貞斎。家風を継いで詠歌を修めた。門人多数。文政元年(1818)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有賀長収 あるが-ちょうしゅう

1750-1818 江戸時代中期-後期の歌人。
寛延3年生まれ。有賀長因の子。有賀長伯の孫。父にしたがい生地の京都から大坂にうつる。家学をつぎ,大坂歌壇で活躍し,門弟もおおかった。文政元年5月7日死去。69歳。初名は長因。号は生志斎,居貞斎。歌集に「雲樹集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有賀長収の関連キーワード児山紀成有賀長基

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android